クラシックデザイン家電 冷蔵庫

--ひとりくらしのデザイン家電--

ひとりくらしのデザイン家電 アイコン

過去の家電 2010年更新


クラシックデザインの冷蔵庫を紹介しています。


最近の冷蔵庫はデザインが画一的となっており、良いデザインやこだわりのあるデザインの製品は極めて少なくなっています。
もともとデザインする要素が少ない製品なので仕方ないのですが、インテリアにこだわりなら、一味違ったデザインが欲しくなります。

そんな中でも、コンパクトな冷蔵庫やプライベート用の保冷庫などには、面白いデザインの冷蔵庫が存在します。
ひとり暮らしにはコンパクトな冷蔵庫でも十分ですし、冷蔵庫ほどの物が必要なければ、よりコンパクトな保冷庫でも飲み物を冷やすには十分なのです。

そこでクラシックデザインの部屋にあう冷蔵庫を探すと、
  マサオコーポレーションのMSO-R625
が目に付く存在となります。

マサオコーポレーションのMSO-R625は、一人暮らしの冷蔵庫としてもコンパクトな保冷庫です。
飲み物を冷やすことが中心となりますが、コンパクトゆえにインテリアとしても面白い存在です。
デザイン面ではクラシカルで可愛らしさを感じるデザインが特徴で、カラフルなのでいろいろなインテリアにも似合いそうです。

食事を外食や弁当などで済ますのであれば、冷蔵庫の機能としては飲み物さえあれば良い事になります。
この冷蔵庫なら、そんな用途にぴったりで、インテリアとしても部屋に楽しさを加えてくれるのです。

     


 マサオコーポレーションのMSO-R625の主なスペックは

 と、コンパクトで持ち運びも可能な冷蔵庫です。
とはいえ、2Lのペットボトルが入りますから、飲み物を冷やすことに関しては十分な容量を持っています。


 マサオコーポレーションのMSO-R625の主な特徴は

 良いデザインの上に、機能もかなり豊富です。
持ち運びにはちょっと大きい印象ですが、インテリアとしては、程よい存在感を与えてくれます。


保冷庫の使いこなしのポイントは、大量に暖かい物を入れないことです。
冷蔵する能力はそれほど高くないので、大量に暖かい飲み物を入れると、他の冷えている飲み物まで温かくなってしまいます。

そこで、飲んでなくなった分を補給するような形で飲み物を追加するか、冷たい飲み物を買ってきてから そのまま保冷庫に入れるという使い方がポイントとなるのです。
補給用の暖かい飲み物は、保冷庫の近くにセンス良く並べておくことも、上手いインテリアなのです。


過去の家電 2010年更新

copyright 2009-2016 kaNazu All Rights Reserved